作品紹介

その他 ちぎり絵・はり絵 イラスト

【作品情報】

  • サイズ:100㎜×148㎜

Yukino Bobuhouse

西部

心の病を持ちながら、アーティスティックな作品作りをしています。

地元の郵便局にご縁があり、郵便局のギャラリーにポストカードの作品を展示するボランティアをしていました。コロナ禍で、ボランティアが難しくなり、今は、市の地域福祉課の方々に大変お世話になり、手作り作品集を(2冊)受付けに置いて貰っています。季節の変わり目等に中身を替えに行きます。地域福祉課の担当の方が『みらーと』と縁を結んで下さりWEB美術館に作品を飾る事が出来たのが流れです。

 

BOBUHOUSEは、”ボブの家“という意味です。ボブは、今は天国にいる愛犬(柴犬が入った雑種犬)で、いつも犬小屋でちょっとした事を考えてワクワクしていて可愛らしくって、家族はいつも笑顔になれました。今も、ボブが私達を応援してくれている、見守ってくれている、その安心感を活動名にしました。(地元のcaféにて手作り品(ビーズアクセサリー等)の委託販売の時の活動名でもありました(絵が細かく描ける様に。)

 

…私が病になったのは、20歳の時で、その時から現在に至るまで、ずっと闘病中です。そして、生涯に渡り、病と共に生きていきます。心の病を持っている事、つまり精神障がい者である事を公表するのは、マイナスな事ですが、それ以上に、こんな私でも夢を持って絵を描いているよ、だから、皆さんも夢を決して諦めないで、幸せで楽しい気持ちで毎日を過ごせたらいいね(^ω^)という様な、願いや祈り、エールの気持ちだと捉えて貰えたら、幸いです。そして、今を懸命に生きる子供たちにも観て貰えたら嬉しいです。

どうか皆さんの癒しに少しでもなれればと、ほんの少しの気分転換にでも、いつでもご覧下さいませ☆Yukino

 

追伸:一度絵を飾る事を諦めてしまいましたが、大好きな音楽に心が救われ、支えて下さった方々の力もあり、素敵なささやかな運命を動かす出来事もあり、回り道をしましたが、またみらーとに戻って来れました。Yukinoの制作には音楽を聴きながらが必須です。この活動の中で、絵の世界の中に、生活の全てに音楽が必要である事を皆さんに伝えたいです。

個人

湖西市在住

作品紹介

ポストカード NO.2(ポストカード NO.5)
ポストカード NO.3(ポストカード NO.5)
ポストカード NO.1(ポストカード NO.5)
ポストカード NO.4(ポストカード NO.5)
ポストカード NO.5(ポストカード NO.5)
ポストカード NO.6(ポストカード NO.5)
ポストカード NO.7(ポストカード NO.5)
ポストカード NO.8(ポストカード NO.5)
ポストカード NO.9(ポストカード NO.5)
ポストカード NO.10(ポストカード NO.5)
ポストカード NO.11(ポストカード NO.5)
ポストカード NO.12(ポストカード NO.5)
ポストカード NO.13(ポストカード NO.5)
ポストカード NO.14(ポストカード NO.5)
ポストカード NO.15(ポストカード NO.5)
ポストカード NO.16(ポストカード NO.5)
ポストカード NO.17(ポストカード NO.5)
ポストカード NO.18(ポストカード NO.5)
ポストカード NO.19(ポストカード NO.5)
ポストカード NO.20(ポストカード NO.5)
ポストカード NO.21(ポストカード NO.5)
ポストカード N0.22(ポストカード NO.5)
ポストカード NEW☆1(ポストカード NO.5)
ポストカード NEW☆2(ポストカード NO.5)
ポストカード NEW☆3(ポストカード NO.5)
ポストカード NEW☆4(ポストカード NO.5)
ポストカード NEW☆5(ポストカード NO.5)