作品紹介

その他 その他

【作品情報】

  • サイズ:B2

1ページ目が洞窟壁画、50ページ目がルネサンス、100ページ目に近代芸術が出現し、120ページ目にデュシャンの特集がある。180ページ目に現代アート、230ページにマイク・ビドロやシェリー・レヴィーンがいる。

300ページ目に私の作品が載る。それは以前のページを参考(以上に)して作られたものである。

作品の説明欄に自身は「私は障害者なので普遍性を求めるために作品として表しました。」だとか、「この作品はもの派の精神から導きました。」とか、その工程を新たに作られるモノと共に死が訪れるまで行う。

その結果、本を乗っ取り完成へと導くわけだが、本(人間)である以上希釈されていく。または焚書という結果もあるが…どちらにせよ、最終的に「無題」となる。

 

以上が作品に対する動機であるが、私も何言ってんだかわからない。

 

広汎性発達障害と診断されたわが身であるが、体感として自閉症とADHDの”認識できる二重人格”に左右される感がある。ADHDの後先考えず突っ走る行動に認知したときには「うわぁ~やっべぇ~」って焦る焦る。失敗したあかつきには尻ぬぐいは自分だし…。自閉症は拘りが強すぎる。アートを行う選択を決定したADHDに隙なく入り込んで補佐してやがる。視野が広がった分にはいいが、拘りが強いのでそればかりやり続ける。

そして我が身は気づいたら疲れてる。

 

タイトル以上に複雑な感情と事実と参照、オマージュの数々(を想定している)。

例えるならデイヴィッド・リンチのロスト・ハイウェイの作品に対する、「どこまで幻覚でどこまで現実か」と、「結末の決定権を委ねる終わり」を内包してるようなものだ。

要するに、言語化できない。

言語を借りて何とかやってる。ただし、私自身も不満である。それが正しいと自身が保証ができない。

人間失格。そういう人が作った作品です。

Hashimoto

静岡

個人

作品紹介

{Title:Feel strange says 「This is not
{Title:Artist says 「This is not
{Title:Franz Kafka says「This is not
{Title:Surrealist says「This is not
{Title:Patti Smith says「This is not
{Title:Arrow says「This is not
{Title:Talking Heads says「This is not
{Title:Arthur C. Clarke says「This is not