障害のある方の文化芸術活動の推進

応援隊の設置

障害の有無に関わらず、本県にゆかりのある芸術家や音楽家等で障害に理解のある者の中から「障害者芸術応援隊」を選定し、障害のある人の文化芸術活動の推進をはかります。

事業所や特別支援学校等に応援隊を派遣し、実技指導等の出前講座を開催します。

 

【障害者芸術応援隊の行う活動】

●講師の事業所や学校への派遣

●講師の工房へ訪問してのワークショップの実施

●講師と同行し、見学をするなど

 

【ワークショップの開催】

関係者ネットワークの意見を取り入れ、希望者・応援隊(講師)、事務局3者による検討を行いワークショップに派遣します。

障害のある人に対する県民の理解を推進するため、障害のある人と無い人が協働して創作活動や体験活動を行うワークショップを開催します。
ワークショップの実施にあたっては、既存のイベントを連携する等、県民の理解促進に対して効果的な方法を検討して実施いたします。