相談支援

個人/事業所対応

本業務の遂行に必要な知識及び経験を有する専任の職員を配置し、
文化芸術活動に取り組む障害のある人や事業所からの支援方法、権利の保護、作品の記録及び保存等に関する相談等を広く受け付け、関係機関の紹介や専門的知見によるアドバイスを行います。

 

相談者のニーズや相談内容に応じてセンターへの来所による相談又は電話、もしくは電子メール等による相談に対応するようと共に相談記録を保存します。

 

事業所等から芸術活動への支援の方法、環境の整備、権利の保護、鑑賞支援、作品の販売・公演、記録、保存、地域や海外の障害者芸術などの国際交流に関する相談を受け付け、関係機関や専門家の紹介や専門的知見によるアドバイスを行っていきます。

 

アーティストの著作権から展示会、二次利用まで気軽に相談できる環境を整備。研修会など、課題を解決していきます。

 

デザイン関係者や学芸員、弁護士などの専門家に協力を依頼し、連携の展示、作品使用に係る権利擁護などに対して迅速に対応できる協力体制をつくります。

 

 

【相談フロー】※クリックすると拡大されます。

 

【相談事例】

相談内容・・・創作活動に関する相談
対応及び実現した内容・・・ワークショップの開催/先進事業所への視察/コンサートなどの参加や体験

 

相談内容・・・展示機会に関する相談
対応及び実現した内容・・・展示会の開催や出展紹介/合同企画展の開催

 

相談内容・・・作者の権利保護に関する相談
対応及び実現した内容・・・弁護士による権利擁護のガイドラインの作成

 

相談内容・・・購入に関する相談
対応及び実現した内容・・・販売場所やギャラリーなどの紹介/レンタル事業の展開先紹介

 

相談内容・・・講演・取材に関する相談
対応及び実現した内容・・・テレビやラジオの出演紹介/学校との連携や講演