作家紹介AMANDA

AMANDA

西部

アマンダは2008年4月10日に、静岡県浜松市で生まれました。

 

ブラジル国籍の日系人の少女です。

 

幼い頃から水に興味を示し、水の動きに魅了されて毎日遊んでいました。しかしながら、3歳半の時に自閉症スペクトラム障害(ASD)の特徴があると診断されました。時間の経過とともに、より明確でより明白な特徴を示すようになり、6歳で重度の自閉症と診断され、その結果、特別支援学校へ進むこととなりました。

 

コミュケーションを取る事は難しく、感情の制御も困難でした。

1+1=2と捉えることは決してなく、彼女にとっては、1と1、2と2でした。しかし、彼女は非常に純粋な好奇心を持ち続け、その好奇心が彼女を絵に結びつけました。ある時、白い紙に言葉を描く代わりに、色をつけ始めました。まるでキャンバスで言葉を表現するために色を使い、幼年期に水と遊んでいたように、日々に感じた感覚と色を混ぜ合わせているようでした。7歳でその才能が認められ、支援と指導を受けて、彼女は大きなキャンバスを手にすると自分を表現する舞台として、多彩な色を使って自由に大胆に絵を描き始めました。

 

彼女にとって、キャンバスはパレットであり、赤、黒、緑などの色を直接塗り付け、時にはキャンバス地テクスチャを創り、時には白いキャンバス全体に白い絵の具を塗り付けることもあります。このように、水鉄砲で遊んでいるかのようにキャンバスの上にチューブから様々な色をまき散らし、絵具をほとばしらせ、キャンバスの上に音を作り出します。そして、彼女はあたかも絵具の予期しない流れを完璧に理解しているかのように色を重ねます。絵を描くための道具として、時にはボウル、スプレー、チューブなども選びます。

 

アマンダにとって、絵画の世界は、私たちの世界とコミュニケーションを取るための手段です。今、アマンダは以前より少しづつコントロールする事ができるようになってきました。キャンバスと絵具に出会い、自由に表現することで、より多くの人生を得ることができ、絵とともに幸せがやってきました。

 

アマンダは、絵の中で、1人の純粋な人間であることの心の幸せ、彼女の悲しみ、人間の本能に内在化された叫び、世界を表現しているようです。

 

アマンダが絵を通して表現する声を私たちが沈黙させることはできません。

 

Introduction Video「アマンダの世界」※動画が流れます。

 

Facebook/amandasuniverse

Instagram/@amandas_universe

Behance/amandasuniverse

個人

作品紹介

無題 NO.1(アマンダ)
無題 NO.2(アマンダ)
無題 NO.3(アマンダ)
無題 NO.4(アマンダ)
無題 NO.5(アマンダ)
無題 NO.6(アマンダ)
無題 NO.7(アマンダ)
無題 NO.9(アマンダ)
無題 NO.8(アマンダ)
無題 NO.10(アマンダ)